最強の父親を目指す一般人:自己紹介

初めまして。イクジットと申します。
私は2024年現在32歳で4児の父親となりました。
妻と二人三脚で育児しておりますが、どうしても子供に父親として伝えたいことがあります。それは「ただ健康で、親より長生きしてくれるだけで本当にありがとう」です。私は情報のアンテナが弱く、これまで多くの失敗をしてきた所謂「情弱」のサラリーマンです。これまでの平凡な私の人生経験から思う後悔や反省点があり、それをつい子供に押しつけたり指摘をしてしまう時があります。
それは、親のエゴで、彼らが物事の本質や裏側にある情報に気付ける環境を用意するだけが親の役割だと思っています。これは私の個人的な考えです。しかし、偶にマウント心が隙間から這い出てきて子供に「釣り方ではなく、魚を与えてしまう」のです。これでは私の思う目指すべき理想の父親像ではありません。私の理想は、何事にも動じず、子供を1人の人間として会話し、他人として尊重し、それでいて愛に満ちている、いざという時には頼りになる、そんなセル編の孫悟空のような父親です。
私は記憶力が悪いので、1日ごとに振り返るためのページを記録し、振り返りたいと思います。そして、その度に心に誓います。最強の父親になりたいと。
ご覧になってくださった皆様:拙い文章と、支離滅裂な論調の投稿が続くと思います。また、私の主観が占める内容で、不快に思う方もいらっしゃるかもしれません。是非、こういう人間も4人子供を育てようと足掻いているのだな、と達観した目線でお楽しみいただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました